【新宿】大西睦子医師による米国式ウェルネスプログラム✨始動!








年齢を重ねるごとに多くの女性が、がん、心臓病、骨粗鬆症、うつ病、性と生殖に関すること、肥満、老いなどの健康問題に直面します。

誰もが悩み、不安を抱えながらも、「現実を受け入れながらも、正しく対処したい」「逃げたり悲観したりするより、前を向きたい」と願い、日々を過ごしています。

私もそうでした。とまどい、自信を失いそうになってばかりでした。でも、

「女性がより充実した人生を送り、健やかに歳を重ねていくために、医療や医学にできることがもっとあるはず——」

私はそんな信念を持って、米国で女性の健康問題に向き合い、研究を重ねてきました。

ジェンダーレスやユニセックスが支持される時代に、あえて女性に注目するのはなぜ? と思われるかもしれません。しかし、医療や医学では、性差や女性性が重要な意味を持つことが多くあります。むしろ、そうした特徴や違いを理解した上で、個人差を受け入れることが大切です。




実は医学研究の盛んな米国でも、「女性の健康」は長らく軽視されていました。米国の国立衛生研究所が研究試験に女性を含めるよう義務付けたのが、ようやく1993年のこと。「女性の体は、ホルモンの変化のため複雑すぎる」として、臨床試験で除外されることが多かったのです。

最近になって、女性の健康について、さまざまなことがわかってきました。

例えば、米保健福祉省(HHS)によると、心臓病には性差があります。

▼女性は男性より、典型的な心臓発作の症状を経験しにくい
▼従来の診断方法は女性にとって最適とは言えず、診断の遅れや誤診の原因となり得る
▼女性は男性よりも心臓病と診断されるのが平均で10年遅いため、他の慢性疾患を同時に抱える可能性が高くなる

といったことです

女性として前向きに、「こころ」と「からだ」の健康を保ちながら、まだまだ人生を輝かせたいですよね。

私は、オンライン診療を通じて、質の高い科学的な情報を提供し、一人ひとりの健康とウェルネスをサポートいたします。

そして、あらゆる年齢や背景の女性が、充実した楽しい人生を送るためのお手伝いをいたします。

一緒に学び、実践していきましょう。







対面診療予約
ご希望のクリニックをお選びください。
WEB問診にお進みの方はこちら
オンライン診療
ご希望のクリニックをお選びください。
検査結果
ご希望のクリニックをお選びください。
WEB問診にお進みの方はこちら
WEB問診にお進みの方はこちら
WEB問診にお進みの方はこちら