-手洗いの真実。水+石鹸の1回洗いでは、菌は半分しか減りません。-

2018.08.07

石鹸を使って洗えば、手からばい菌はいなくなると思っていませんか? 感染症や食中毒の予防には、もうひと手間必要です。

 

【まとめ】

☆洗い残しやすい場所を意識して、正しい手の洗い方を確認しよう。

 

☆水と石けんで1度洗っただけでは不充分。薬用石けんも普通の石けんと大差ありません。

 

☆おススメはお湯と石けんでの2度洗い。乾かした後でアルコールスプレーなどを活用しましょう。

 

 

まずは、正しい手の洗い方から。

 

前回、実はお伝えしていなかったことがあります。これまでに感染症予防や食中毒の予防には「正しい手洗いが大事」と、度ごとに繰り返してきましたが、「正しい手洗い」を知らなければ無理ですよね。

 

さっそく確認していきましょう!

 

洗い残しが多いのは、図のような部分。

 

厚労省「食中毒予防のための衛生的な手洗いについて」

 

具体的な手洗い方法については、日本食品衛生協会の「手洗いマニュアル」で分かりやすく図解されています。⇒ここをクリック!

 

さらに次の3点に注意が必要です。

 

1.爪を短く切りそろえる

2.腕時計や指輪などを外す

3.手指に傷がないか確認する

 

1と2は、誰しも想像がつくところ。3は「へえ」と思われた方もいるのではないでしょうか? 傷口(化膿部分)には、食中毒細菌である「ブドウ球菌」が特に多くいます。傷がある場合は調理作業はしない方が望ましいのですが、そうも言っていられないですよね。その場合は、よく加熱するメニューにして、調理後に食べ物に直に触れないようにし、調理後にすぐ食べるようにしたいところです。また、お皿を扱う際にも、内側を触らないようにしましょう。

黄色ブドウ球菌

 

水と石けんだけでは、1分洗っても完璧ではありません。

 

さて、「手洗いは最低30秒」と聞いたこと、ありませんか? 「それにはもしもしカメよカメさんよ~』と2回歌いながらだとちょうどいい」、という話です。では実際、最も一般的な洗い方として、水と石鹸で洗った場合の、ばい菌の落ち具合はどうなのでしょう?

 

 

東京都立衛生研究所が実験をしています。3人が、ひき肉をこねた手(菌数:100万~1000万)を、30秒の倍の1分間(感覚的にはかなり長いです)、色々な方法で洗った結果、細菌の残り具合は以下のようになりました。

 

●水よりはお湯の方が落ちた

●水+石鹸では、お湯だけと同じ程度で、菌数はほぼ半減

●お湯+石鹸ではさらに落ちる(ただし洗い方次第)

●薬用石けんの方が、普通の石けんより減った(ただし大差なし)

 

ここまで見ると、お湯と薬用石けんで洗うのがよさそうに見えます。

 

しかし石けんor薬用石けんの違いは、実は五十歩百歩。薬用成分が入っていても元々が低濃度ですし、手洗いでちょっと使うくらいでは、効果に大した差はないのです。

 

ですから、1回洗いなら、お湯と石けん(薬用石けん含む)で、と考えておきましょう。

 

ただし、1回洗いには限界があることも覚えておいてください。

 

というのも、食中毒等の予防の観点からは、菌数は1千分の1~1万分の1になっていないといけません。しかし、水やお湯、石鹸類で1回洗いした場合に、そこまでばい菌が落ちた人は1人もいませんでした。1回洗いでは、最もきれいになった人でも細菌は100分の1にさえならなかったのです。1分も洗い続けたのに・・・。

 

 

家庭では、お湯+石けんで2度洗いがオススメ!

 

では、どうしたらよいのでしょうか? 家での手洗いにお勧めの方法が、お湯と石鹸での2度洗い。時間は1分半ほどかかりますが、安全なレベルまで菌数を減らすことができます。具体的には、

 

石けんで30秒洗う⇒お湯で5秒すすぐ⇒石鹸で30秒洗う⇒お湯で30秒すすぐ

 

という手順。正直、手間に感じます。でも、お弁当作りの前などには是非実践してください。何と言っても、後悔先に立たずです。

 

さらに用心するなら、ペーパータオルで拭いた後に、アルコールスプレーを。ポイントは、「ペーパータオル」と「拭いた後」です。

 

タオルやハンカチは経済的でエコですが、衛生面ではどうしても細菌等の増殖が気になります。部屋干しなどで長い時間湿った状態にあると、残ったり付いたりした細菌が増えている可能性が高くなります。きれいに手を洗っても、拭く際にまたばい菌がついてしまっては元の木阿弥ですよね。

 

また、アルコール消毒は、アルコールの濃度が肝心。理想は70%とされますが、最近は、60~95%であれば殺菌・消毒力にはほとんど差がないと言われています。

 

ですから、手に水気があると、濃度が薄まってしまって十分な殺菌効果が得られないのです。濡れた手にアルコールスプレーをかけても、気休めにしかなりません。翌手を拭いて乾いたところに、きちんとアルコール濃度を調整したスプレーやジェルなどを使いましょう。

 

他方、100%アルコールにはほとんど殺菌・消毒力がありません!意外ですね。

 

 

(参考サイト)

●厚生労働省「食中毒予防のための 衛生的な手洗いについて」

●食品衛生協会「手洗いマニュアル」

●東京都立衛生研究所「手洗いの実験」

●臨床微生物迅速診断研究会「消毒用アルコールの濃度について」

- Recommend -

2019.10.17

【久住医師解説】破傷風は過去の病気ではありません。台風被害の...

2019.10.07

麻しん、国立感染研が注意喚起! 品川の企業でも10人感染。今...

2019.09.30

インフル流行開始! 早めに予防接種を。免疫成立には2週間かか...

2019.09.27

来年10月、ロタワクチン定期接種化へ。集団免疫効果も期待。...